2018年11月13日

タイトル未定(笑)双子のおじさん編(爆)

これは前の続きであります!

「記事が長杉ます!っていう警告」があった為、
続きが あの場所に書けないので一部重複してます!!




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
jpfro3f.jpg⁉⁉(笑)






34j3044f.jpg
お帰りなさーーーーーい!!!!!!」(爆)






ふぉーーーーーーー!!!!(?)

1709410r0.jpg
やっぱり面白い顔ありがチョー443ur0-34.jpg(爆)


    


すると・・・




「すみません、これは一体、みなさん 何をされてる方たちなのですか?」


「あ、ここから1日かけて、この周辺の山 ぜ~んぶまわって戻ってきてるんだよ!!」











「そうなのですか!?43i-43r00001.jpg
              それは素晴らしい大会ですね!!」


って この男の子は 私に そう言ったのです!本当に丁寧に言葉を話す男の子…!




そう、私は「思いがけない28Y23R09R200002.jpg28Y23R09R200003.jpg28Y23R09R200001.jpgでのゴール」から

再び、この場所に戻ったのです。
※ちなみに私は実際はゴールの直前で「直進」してますのでゴールゲートはくぐってないのだけど
 本当に本当に「ほえるちゃん」&「きよぼんさん」素晴らしいゴール混ぜて下さりありがとう!!!







で、この男の子と今度は一緒に応援を続けたのでしたehroitr.gify34or.gif🏀






「ナイスラーン!!!!!」




「ナイスラーーーーーーン!!!!!」



「凄いぞーーーーー!!!」「GOGOGOGOGO!!!!!!!!!!!!」





あ・・・・・・・・




r43yo0up23.jpg
何年も何も変わらない、いつも本当にカッコイイ


素晴らしい








あっ!!










21yeu910.jpg
        やったぁ!お帰りなさい













で、この後 数名応援させて頂き、この地元の男の子とは
お名残り惜しかったのですが「バイバイ」して・・




                  また会いたいな!






32rho3r200001.jpg
ハセツネ2016 も 無事に終了しました!!

※はい、2017年から一旦2016年、そして201年に飛び、さらに2010年から
 2015・2016年に時空超えてたんです(もう疲れた? 笑)





そう、この時 私はこの日の二日前の夜からここにいて、
1日前の午前には 第二関門(月夜見第二駐車場)にいて、



第二関門では夕方の4時から翌日(この日)の朝6時頃まで
14時間ほど立ちっぱなしでいたかな。




午前11時にこの場所に戻ってきてさらに午後1時まで応援してました!







私は ランナーの皆様が頑張ってる事を自分もランナーとして出てたからよく知ってるので、
休憩 とかホント いらない。




とにかく真剣に役に立ちたいだけなんだ。






とにかく 与えられた責務を きちんと全うしたい、
この日・この時間は 1年のうちのたった24時間だから。


その間だけでも、真剣にランナーの頑張ってる姿、気持ちに寄り添いたい。



それだけなんだ。






で、でも本当に長かった「任務」も無事に終えて、

さてそろそろ戻ろうかなぁって思っていると・・・







yr23u3.jpg「社長ーーー!!!皆で これから軽く
     お食事行くのですが、ご一緒にどうですかー!!」



『ありがとうございます!!!!』   うれしい!!






で、近くのオシャレなカフェに連れていってもらいました!!!










32rho3r200002.jpg
このテーブル、数名で囲んだんだけど み~んな完走をされてた方なので
「本当に凄いなぁー!!」って 私は感心しきりでした



私が完走したのは、この時で8年も前の事だったので、
少し遠い出来事のように感じ始めていたのだと思います




本当にもの凄くお疲れのところ混ぜて頂き 凄く嬉しかったです
本当に本当に お気遣いありがとうございました!!





で、最後 みんなで  📷







32rho3r200005.jpg
           


           

長かった・・・えくんちょが自由自在に時空を操る旅・・・

それに付き合って下さった方々の
タイムリープ=無限イクサの身体の負担は計り知れない(カモ? 笑)


皆様、本当にお疲れ様、そして完走おめでとうございました








              ~おしまい













                 5t45jp5.jpgスポン💨






















      んがっ・・・
                    










                      あれ・・・














      ewepr23.jpg
          何か 誰もいない 気がする(? 笑)


















       jerojp334.jpgここを、出なさい(また? 笑)




















飲み物は「午後の紅茶」(←高級品!!)1.5L 1本(特売品120円位)
500mlの水、および500mlの三ツ矢サイダーりんご味(特売品 58円)


そして食料は32ru0r2300002.jpgバナナ98円(5本入り 笑)




32ru0r2300001.jpg
で、菓子パン3コ(爆)多分TOTAL 400円位


あ、でもね、「物語」の進行を無視して説明すると(笑)、


この中で神がかり的に「美味しかった」のが、
真ん中の「ヤマザキ ステックドーワッツ(笑)(スイートポテト)」です!!

何とこれ、クロワッサンとドーナツを合わせたものって事になってて
まるで「ケーキ」みたいな味がします!!もはやパンじゃない!!


きっと時期を外すと無くなっちゃいそうなので、もう一度食べたい!!っと
思い出してしまう」ほど 美味しいです!!





       で、












        🚌スポン💨














       ぶわわわわーーーーーん💨

















             ペッ💨













32ru0r2300003.jpg
                                    ろーどこ~3E03E.jpg⁉ 爆)













「私の後ろに 道は 無い。」











行くぜ✌






👣💨









5分後・・・











あ、







でもあれ!?













dedoiej.jpgわあお(笑)

※ちなみにここ 真っ暗闇です…

鈴・・・ 無いr3u0r32.jpgピーンチ!! 笑)



考えろー!!考えろえくんちょーーー!!!








jdjfe.jpg歌えばいいーー🎶(しかも手拍子付き✋✋ 爆)





なので、えくんちょ 本当に真っ暗闇の中、
手をバチバチと叩きながら熱唱(怪しい 笑)




何故かこの時 アタマに浮かんでて消えなかった曲があり、
それを歌ってたんだけど、それは「自分のインストの曲」(爆)と、



あと、ポルノグラフィティの「愛が呼ぶほうへ」 これを歌ってました!
※何か今の季節にすごく合う「優しい曲」ですね♪



あ、でもこの時 最初は「ザーーーーー!!!!」ってまるで雨みたいな
そんな音が響いてて、「そうでもなかった」んです。










で、15分後・・・・



eowipwe.jpg
ここで、いきなりがっつり迷子になる(アヒー 笑)






ここ、右には砂利道みたいなのが広がっていて、
で、左にはよく見る看板がついてて、あきらかに方向が違うのに、

どちらも「こっち」みたいな感じで書かれていて、
ここで13分位 動けなくなりました。


どちらが正確なのか 分からないのです。






で、こんなところで電池とか「データ」のアレを使いたくないのですが(ケチ? 笑)、
先輩方のブログとかの「ここの画像」を探して探して、でもハッキリとした事は



なかなか出てこなくって 本当に焦った。



で、何とか「その情報」の部分に辿り着く事が出来て、
それは この「黄色」看板の右側にボーッと立っている木みたいなところを


スグに登るんだと知り、ちょっと不確かではあるけど不規則な石段も
角煮できたので、進む事が出来ました。(で、砂利道は×だと思う)



この先からどんどんさっきまで聞こえていた「音」が無くなり・・・



なので、小声ではあるけど、再び歌いながら進みました。




あと、結構「汗」かいちゃったかな・・・。
そんなつもりじゃなかったけれど(これは想定外)




で、ここからが「完全なる山の道」で・・。




で、歩く事25分・・・






私 この景色 初めて見ました!!!!



332y9e23.jpg
        どうですかお客さん!!!!(笑)




これを見た時に「これが早い人達が見る特別な景色」なのだと感動したのですが、
それ以上に「この道であってたんだ!!よかった!!!」っていう


安堵感がとにかくハンパなかったです!!!



実は ここに辿り着くまでの間で、気のせい だとは思うんだけど、






何か もの凄く低い”声”で 「ウウウーーーーー…」(!?!?)っていうのを
聞いちゃったんだよね・・・


これ、以前(っていってももう相当前だけど)、「深夜」にやっぱり
そんな声を聞いちゃった事があって、そん時は


何もかもかなぐり捨てて(? 笑)、
その場を撤退するほどの破壊力だったんだよね。



この時も それに似たような「声」を聞いてしまい
「我に返って」しまったんだよね(←これ分かる方いたら嬉しい)



だから その瞬間っから 結構「怖く」なってしまい、心細くなってしまい…💧



これ、昼間(日中)だったら全然違ったと思う。



だから我に返ってしまった後は、歌うってよりと進む感じになり…





だからこの夜景が目の前にドーンって見えた時は本当に嬉しかったです




で、ここで主人っからメールが来てたので「この景色」に一言付けて返信しました!



その主人のメールの内容なのですが、いつもはほぼ使わない写真付き(笑)…


…何故かネコが床に転がってる画像が添付されていて、しかも「内容」が、



「ネコが鳴くから遊んであげた。そしたら疲れてゴロゴロしてる。」という





普段じゃ絶対に有り得ないような内容でした(? 笑)




これって・・・もすかすて・・・・




主人 寂しかったのかなjpeeew.jpg⁉(爆)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~




あ、あと 一瞬 この風景にまつわる話をさせて!!


んと、私は群馬県で育ったんだけど、”夜景”っていうのをちゃんと見たのが
大学生以降(車の免許を取得した以降)で、




で、群馬とかだと「夜景」っていうと とにかく思い浮かぶのが
車で、もしくは「車を運転していて」みえる、まさにさっきの写真のような光景を


夜景 っていうんです。


いや、もうちょっと平べったい感じも全然「夜景」っていって(?)、




山間部とか車を運転してると、道路と平行して、開けた平野の部分が
まじ集中して見える部分(それが狭くっても) それ夜景っていうんです(? 笑)



私の行動範囲だと「赤城山」とか「榛名山」の南面の道路を走行してると、
時折、南側の開けた箇所に ところどころ細かいキラキラした平野が見えたりするの!


あと、本気だせば(? 笑)山頂に近い道路のカーブに
一瞬展望の利く展望台(っていってもただの駐車場 笑)があったりして、

そこから遠くに見える細かい粒粒みたいな小さな範囲のソレも「夜景」!!
夜空に例えると、「星団」ってあるでしょ、細かい星が一瞬 密集してるソレ、みたいな


あ、あと、これ、分かりやすいかなあ? 関越自動車道を水上(沼田)方面から
「渋川」方面に向かう「上り車線」を夕方以降走行中、結構広範囲に渡って、


カーブの左右にもの凄いキラキラした平野の風景が見れるんです。これも夜景!



ま、この「渋川方面まで戻って来たな~」って思える
ここは自信を持って夜景!!って、言ってもいいような気がしますが、

とにかく、小っちゃい範囲でも細かい粒粒のキラキラが見える景色は
どんなに小さく見えても
とにかく群馬県民にとっては夜景(? 笑)


だから、な~んか・・・・・



群馬の「ドライブ〇ート」だと、夕方以降 走行してると、


「夜景を見に行こう!」とか そういう掛け声は無いのですが(? 笑)、


夕方以降、車に同乗させてもらっていると そういう
一瞬でも「粒粒のソレ」が見えると
道路の端に車を寄せて群馬県民停車しがち🅿(爆)


あと、何か知らんけど、山の中腹の
農地系の道路が南北に規則的に伸びる直線道路に停めやがるow3ewp.gif(笑)

「凄いだろ?さあ鑑賞したまえ…」と言わんばかりにヘッドライトOFF(爆)
※あ、でもこういう所、星の量が違う気がする(結構満天✨ 笑)



あ、でも最初は 私自身も 車を持っていなかった為、
免許を取得した後でも行動範囲はいきなり広がる訳じゃないから

そういう景色を見た時は、綺麗だな って結構感動しました!

※ただ、何度目かで もうこのパターン飽きる(→至る音信不通?📱 笑)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ま、そういうのが刷り込まれちゃったりして、今でも
山間部や 平野から離れた道路から走行中に見える風景は、


私にとっては「普通に夜景」なんです! 走行中 そういう
粒粒キラキラした箇所、やっぱり綺麗だな って見ちゃいます!!
※あ、走行中だからがっつり見てるワケじゃないよ、目のサイドで感じてる(爆)



で、これは最近(ここ1年位)の話なんだけど、主人と一緒に車に乗ってる時に、
やっぱり山間部を走行中に「粒粒キラキラした景色」が見えたので、


私は「あっ!!夜景綺麗!!!」って言ったんです!


ewowe.jpg
※これ、イメージ画像ね






すると・・・・









(主人)「え”











私(jpp@.png? 笑)










ま、見えた「ソレ」は 本当に遠くのツブツブが集中した
「親指位のサイズしかない一瞬見えた遠くの平地の夜景」だったのですが…




主人:「(あれが夜景?)」※とは言ってないけど




・・・・




ここで初めて私は あれは「夜景では無い」事に気が付いた…(?? 笑)




主人、生まれも育ちも「品川区」で、私は群馬県・・・



だから夜景っていうのは 都会の人にとっては生活範囲の街並み自体が
キラキラしてて、その光景をちょっと高いビルから見下ろすとか、

船とか(? 笑)乗ってて見える、ちょっと離れた都会の景色が夜景…(?)



なので都会の(人にとって?)の夜景っていうのは

「比較的近い距離」のものをいうみたいだ・・・




群馬は 中心部?からちょっとそれると
もう何も見えない 暗い(韻ふんじゃった🎤💋 笑)



高いビルとかも無いし、前橋中心部なんか 人がいなさ杉

日中 ロケ地として大変重宝されてるし(爆)


今放送中の「今日から俺は」とかそう(笑)

あと、これは 前橋の中心部の映画とほぼ同じ場所!
JERPFP.jpg人いないから撮れた(笑)





で、




都会に行くと、小さな看板みたいのがこれでもかーって高さから
連なってる光る看板みたいの無いしjorwee.jpg(←もうこれスーパー大都会!! 笑)



※あ、夜景は人・地域それぞれであり、この話はアクマでも
 私と主人の育ってきた環境による認識の違いによる一例ね



でも、この時の私は「あ、違うんだ(ちょい赤っ恥」って 凄く
都会の人との「認識の違い」のギャップを感じたエピソードなのね。





だからこの話を踏まえると、群馬の夜景で最強なのは 聖地(群馬県庁)から
見下ろす無料のあの「景色」と、

高崎の観音山の駐車場(夜間は多分無料 笑)の
あの 数百メートル平地から上がったあの風景なのかなあ・・・・



でも都会の人からしたら、群馬県庁のも 全然なのかもなぁ・・・


高崎の百衣観音の駐車場から見えるソレは、ただ国道がみ~んってなってて、
その周辺がキラキラして見えるだけなんだけど、

山間部の「遠くに見える小さなキラキラ」が夜景じゃないんだとしたら、
ここは比較的「手が届くような位置でしかも広範囲に見える」箇所だし

何も娯楽が無い群馬県民にとっては夜の希望なんだけど…(アヒー 爆)


あ、あと私が夜景と感じる遠くの景色でも大丈夫であれば、
「赤城山」山頂の行き止まりみたいな所っから見える超遠い風景も夜景!!

榛名山も 数か所 見れるところ あると思う!!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

一旦夜景論 終了!!

※あ、夜景論 スゲー長くなっちゃったので、いずれこの部分だけ
 別にして その時に もう一つ エピソードを付け加える事にします!

なので また本編 書いていきますー!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




2w2o21.jpgこれが見える場所からすぐに・・・


23y932300002.jpg23y932300001.jpg
こういうのがあったのですが、この付近で、えくんちょ

何と落とし物を連続で2つもしました・・・。





しかも、そのうちの一つ、全然思い出せない…(もちろん回収してあります)







で、もう一つは キ〇ィちゃんのカメラケースで、
一瞬 落した事にも気が付かないで進んでしまったのですが、

何かアレ?って思ってから、引き返したら この地点に落ちてた・・・。
本当に真っ暗だったので、気が付いたのも奇跡だし、見つけられたのもホント奇跡…





う~ん…この場所、ちょっと何かあるかもしれない…koke4a5.jpg



で、さらに20分👣💨



e1o1e2.jpg
ちょっと暗いけど新しめな標識!!








んがっ(笑)









この先 再びがっつり迷子になる(アヒー 爆)






何か どっちに行ったらいいのか本当に分からない砂利道みたいなのと、
カーブを描く道?と、あと岩みたいのが見えて石段が伸びる部分が混在してて、



私は、カーブの部分から岩を越えて登る部分の道を選択しました。




その道、順調に登っていく感じなんだけど、みるみる細くなっていき(笑)、
だけど細々と登って行けるのね。








「こんな先にあるんだろうか?」って思いながらも進んでいくと


突然 道 ぷっつり💥(アヒー 笑)






だけど「これ夜景が見えるとかで人が入り込んで(自然に)作られた道!?」なのかと
ちょっと期待して振り返ると・・・







とくに何もない雑木林 爆)






直ぐに戻る戻る・・・・








なので・・・最初の迷子&落とし物2つ&2回目・・・で

hoerwe.jpg(体力の無駄💧 笑)




だけど降りて「こっちだったのかな?」っていう道を進んで行くと










「何か遠くから声」が聞こえてきたんです・・・。




で、ハッキリと・・・・









女子〇位 通過しますーーーーー!!!






何と!!!!!



ewewowd.jpg
pm9:37

この場所で偶然「女子位」に遭遇!!!!



これはすっごく嬉しかったです!!!



私の「ライフスタイル(笑)」だと、ランナーとして出てると1位とかトップの方々は
全然違う位置にいて、見れるハズもなく、あと こうしてランナーじゃない時も


私の場合、「時間を目いっぱい使って戻ってる方々」に重きを置いている為

トップとか早い時刻の「この時間帯」のランナーに
出会ったり見るなんて事は ほとんどないのです。


あたり前なのですが、「走ってました」すごぉぉ~い


ここまで、道に何度も迷ったり、モノを落としたり、
あと見えない獣の声」とか聞いちゃって震えあがってたから

ついに「コース」に合流したって感じられて安堵できた場所~






で、ここからさらに17分👣💨






3r2jp00002.jpg
pm9:55 夜の日の出山蒸着(笑)







さて、特別なあの景色をおすそわけ~





3r2jp00001.jpg



これ、あと7時間後位には明るくなってくると思うので、それもとても
綺麗だと思うし、でも この風景を見られるのは本当に早い凄い方々の夜景のご褒美







さて、私は 滞在たったの2分で「前へ前へ」(?? 笑)



で、【入口】付近に・・・



32e23jp23.jpg
こういうの、凄く励みになりますよね











で、ここからさらに👣👣💨💨









とにかく辺り一面「真っ暗闇」です・・・(当たり前 笑)




だけど、これ「普通じゃないけど」「普通」(?????)

「普通」(?)だけど「普通じゃない」(??? 笑)




qwwqjpqw.jpgこれは「やまかつWINK」(懐っ 爆)




って 今思い返せば そう(普通じゃない)って思う…んです・・・・・。





あ、一瞬 話 脱線していい?(また? 笑)


私が小学生の時って「芸能人の店」みたいのが本当に流行っていて、
原宿とかの芸能人の店、凄く行ってみたくて行ってみたくて・・・

でも群馬に住んでるからそんなハイカラな場所(笑)、行けるわけなくて…

あ、あと山梨県の「清里」って場所ももうハンパない芸能人の店 出店してて、
あとこれは分からないけど軽井沢とかも そういう店 少しはあったんだと思う。


私 学年雑誌とか毎月買って読んでたけど、そういう特集 ほんと多かったんだ。


で、この山田邦子さんって方もお店を出してて、そのキャラが「クニー」とかいうやつで、

で、行った事無いのに、友達がキーホルダーとかを買ってきてくれて(笑)、
何故か「クニー」のキーホルダーとか持ってて(笑)


ますます、芸能人の店に憧れて・・・当時 あと加藤茶さんの店とかもあったと思う(笑)



あ、でも結局は全然縁がなくって・・・でも「清里」って言ったら
「カワイイ店がある!」って思うじゃないですか!!




当時、何かお茶のポット?みたいのを模した店とかあって、
「清里」ってガッツリ書いてあるお土産とかそういうの、雑誌で見てたから、
(私が小学・中学の頃ってどれも土産物の置物とか地名が入ってるのが当たり前だった)

※洒落たヤツだと「KIYOSATO」とかって黒のローマ字で入ってる(爆)





で、


すっごい気合入れて初めて清里って場所に大人になってから行ってみたら・・・




あれ?ってくらい閑散としてて、可愛いお土産屋さんが集中してる場所も無くて、
朽ち果てた建物とかに変わっていて 凄くビックリしました・・・。


※これ、清里をどうこう言ってるんじゃないからね。 昔のいわゆる芸能人の店だとか
 外観もこだわりまくりの「ファンシーショップ」みたいのが廃れちゃったって言いたい


だから「さよならだけどさよならじゃない」のジャケットとか改めて見た時に、
そんなにお金無いから何も買えないけど「芸能人のお店」とかは


その時に見ておくんだったな~ってちょっと懐かしく思い出しただけ💦 

あ、あと子供の頃ってお祭りとかで、芸能人の下敷き(ちょっと解像度悪い画像 笑)とか
キーホルダー?「生写真」(?? 笑)みたいの売る店とか出てて
ちょっとスキだったかも(見るだけだけど…)あとヒモがくっついてて「ゲーム機」本体が
ひっぱれそうなアレとか(爆)ま、やらない(出来ない)けど いいな~って見ちゃってたな。


だからことごとく「群馬」って事に この時は・・・(笑)



あとさ、新聞とかの誌面の広告とか明星(笑)とかの広告で
「劇団ひまわり」とか「テアトルうんぬん」って書いてあって、



私も入りたいな、なんて


とんでもない妄想したり(これも群馬だから泣く泣く断念? 笑)





あ、この話に関連して!!

主人の小学生の時のクラスメイトが当時普通に子役として活躍してて
ダノンだっけ?ジョア??だっけのヨーグルトやコカコーラのCMに出てたって
話を聞きました・・・やっぱり都会は夢がある(アヒー 笑)グンマー(笑)


あ、でも何故か「劇団」に入りたいって思いませんでしたか?(私だけ? 笑)




※良かったら見てね「クニー



~~~~~~~~~~~
やべぇ超脱線💥(爆)



で、何が「普通じゃない」って思ったかっていうと・・・






よく考えてみて・・・普通に・・・普通は・・・・










こんな真っ暗な時間に山道にいるって(爆)



しかも前半 ぜんっぜん知らないルート・・・



最終のバスも もう行っちゃっていない・・・



何度も道に迷ったり、モノ落としたり・・・




しかも私の場合 単独です。





この日、確かに「大会」はあるのかもしれないけど、それ以外の部分は
本当に真っ暗闇だし、”ルート”に合流しても ほとんどの地点が真っ暗なのです。




しかも私 もう独身じゃないんです普通に主婦念の為 爆)



なのに、こんな時間に外に出させてもらって、しかも普通の人からしたら
全然考えられない時間場所なハズ(がっつり山道・・・)




ライトを持ちあるく、なんて事は 都会でも そのほかの場所でも夜間散歩などで
あるとしても、ここは (よく考えて!?)普通だったら絶対にこんなの有り得ない!




自分の場合、もの凄く事前に考えて行動してはいるものの、こんな時間なのに
このような場所へと 外に”出させてくれる”(理解してくれる)主人の存在は
本当に大きいな・・・って 一瞬「獣の声」とか聞いちゃって不安になった後、



やっとちょっと安心できる箇所に合流できた時に そう強く思ったのです。


だからこういう場合も(あんまりナイかな? 笑)、もちろん大会に送り出してくれる
ご家族の方々の理解があって、初めてこの場所に立てるのではないかな、って思います。


だから家族の協力って本当に有難い、理解してくれる人がすぐ傍にいる幸せっていうのは
本当に凄く心強く嬉しく思っています!だから感謝の気持ちを忘れずに、



そして何事があっても(あっちゃマズいけど 笑)、無事に帰宅する事が大切なのかな!
きっとちょっとは不安に思うだろうし、メールも 私がそう感じただけかもしれないけど、


本当に事故やケガなく、無事に帰る(帰れるように行動する)って事は大切だと学びました







~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


で、



kpoewfpw.jpg







この場所から暗闇を進む事30分👣👣👣💨💨💨







・・・













・・・・・・・・・







qdhod2.jpg
どうですかお客さん!!!次に明るいのが何とココ!!

それ以外は 本当に真っ暗闇😵💦 だからこの雰囲気、嬉しい!!




んがっ(笑)




何とこの先の(民家?)の軒先で、「おじいちゃん」が4名ほど
道路側に向かって座っていた。で、普通に目の前を通り過ぎようとすると・・・







「!? ちょ、ちょ?ちょっとお嬢さん~!!??









 アナタも












 婚活パーティーとぉ!!??」












jpp@.pngあ”⁉」(笑)








あ、この時 ハッキリと「婚活?」って聞こえなかったので
本当に何の事なのかよくわからないけども、




いやっ 何か ・・違います」(と言うしか無かった 笑)



で、この日なんだけど、ちょうど「あの大会」と同日開催(笑)で、



この付近で何と「婚活イベント」(多分1泊2日?)が開催されてたらしく
私は おじいちゃん達に「その参加者」だと間違えられた模様(笑)





いや・・・よくよく思い出してみれば、そういえば 何かこの付近の平屋の公民館?
みたいなところで、何か内部が盛り上がってる様子が半開きのドアから見えて、


その入り口付近で人の出入りとかあって人がいたので、その数人にむかって


普通に「こんばんは」って挨拶したら返事なかったショボンbear02-3.gif爆)



だから「何か…?」と思ったのは間違いではなく、そういうイベントで
たまたまそこに外部?から人々が集まってただけだったのだ。





でもおじいちゃん達の興味は婚活イベントから今度は「私」に移り(笑)、
※あ、おじいちゃん達、お酒飲んでたみたいですげぇご機嫌だったhsdow.gifedho.gifewjpwef.gif(爆)



「お嬢ちゃん、こんな夜中に何でぇ? どこから来たん?」



どこから・・・(笑)



「あの、(どこぞ)付近から…」




あ”⁉ (どこぞ)からここまで来たって何だぁ(どういう事)はー?」(アヒー 笑)
                       

~~~~~~~

これ、何でこうビックリされちゃうかっていうと、
夕方6時半以降、ここに直接来る為の交通手段が無いからです。

なのでこの周辺に宿泊する人以外の観光客は夕方には降りて行ってしまうハズ。
だから夕方以降とか ましてやこの時間に普通の人がいるって有り得ないみたい。

~~~~~~~

「こんな時間に暗い中・・・怖い思いとかしなかったのかぇ?」



そこで、私は あの「ウウウーーー💥jper.gif!!」って言うのを思い出し・・・



「途中で、動物か何かの声が聞こえたような気がして
 ちょっと怖かったです。」と真面目に答えました。

おじいちゃん達が何であの場所にいたのかは分かりませんが、
地元の方々とお話が出来てよかったです!





で、私は さらにその道を進み・・・





wejpdqwd.jpg
pm22:40 この場所に着きました!






あ、フラッシュで撮ってるから明るいですが、全然真っ暗です。

あ、自分が思い描いていた場所ではあって、

でも、この先「明るい場所」があったんだっけな?ってちょっと思って、






この誘導のスタッフさんに「ここ以上に流行ってる場所(明るい場所)ありますか?」と
聞いたら、第三関門の方が流行ってる、みたいな案内をしてくれたけど、



私自身、「単独で来ている」&単独で立ちたいのと、
照明がある場所が良いのでやはりこの場所にとどまる事にしました!





んがっ(笑)話しかけて、ほんの一瞬で・・・






「あれ?おととし、一緒にやったよね、ほらあの場所で!!

 ね、ね? アナタの名前 何っていうんだっけ・・・?」


「あ、えくんちょって言います。」





「ああそうだ、えくんちょだえくんちょ!!」




何とおととし、第二関門で一緒にスタッフをした方だった!


そう、この方にも「今日婚活イベントが重なっててどうこう」っていう話を聞きました(笑)



私の場合、絶対に単独で立たないと意味なくて(大勢にまぎれると意味ない)、

あと、こういう暗い時間は 自分もランナーとして出てた経験から、


暗闇で灯りを持って立っても「見ない」し「見えない」ので、
絶対に外灯のある箇所が必須条件でした。


だから「立てる場所」ってのが おのずと決まってきちゃうの。
(※そこがどんなに立ち辛くてもそこじゃないと意味ない)



目に入らなきゃ意味がない



だから、




32oye3.jpgコン!(笑)
pm22:40




時間帯を考えると、「ちゃんと目に入るモノ」であり、あと
「静かに、でも見た目で応援」できる工夫を今回は最大限考えていきました!


時期的に「halloween_j_olantern_6.gif」なので そういう感じで(笑)

あとだいぶ前の話だけど、halloween_j_olantern_4.gif←こういうのを全然別の箇所だけど
明るい時間帯とか、ゴール付近で見かけてたからそういうの、

伝統としてあるハズだと思ってて(思い込んでて)、


なのでとにかく見た目の工夫を最優先!だからね、今回 もう物凄い数の
「頭にくっつけるやつ」を購入しまくってしまいcat_an1.gifrabbit_2.gifneco_alpus.gif



もう一生「頭につけるモノには困らない」と思います(爆)


~~~~~~~~~




だけどここで超想定外だった事があって・・・・






ここに来るまでに、まさかの大量の汗をかいてしまい、そんな事など
本当に予想してなくて、もちろん 上に着るものを持ってる、んだけど、


それは薄くて軽いやつで、でもそれ着る予定なくって、着たくもなくって
着たくない理由があって、今着てる大好きな洋服が「見えなくなっちゃうから」。



当然 着替えも持ってなくて、着替える場所とか全然ないし、そんなの想定してないし、

だから本当にものすげぇ「冷たくなった着てたい服」の上から仕方なく、
その薄い羽織るヤツをきて、その上に、全然使う予定のなかった、


何かマント?みたいな赤いカッパ?(化繊のロングの巻きスカート)みたいなのを
着るしかなかった・・・。これ、当然 したかった&居たかった姿では無く、




ちょっと「今回の夜間」は思い描いていた姿では無くなってしまったのだけど、
時期的に「マント」みたいに見えなくもなく、何も無い中で、



それでも「継続しなくちゃならない」理由が明確にある為に、
凄くアイテムも少ない中でも 何とか工夫できたという出来事だったのでした。






汗でしっとりしちゃった衣服っていうのは、もし動き続けているのであれば
それほど冷えを感じないのだけど、(汗をかくとは思っておらず)



思いがけず汗をかいてしまった後に、その場に留まり続ける事を
全く想定してなかった為、これは大変に勉強になったまさかの極寒の体験でした。





色々 工夫をしたけれど それでも極寒の寒さでした。
だけど絶対に座らないし、絶対にここから撤退しないし、



絶対に夜明けを迎えるんだ!!そして朝陽を思いっきり浴びるんだ!!と
気を強く持ったのでした。その状態は 何と7時間ほど続きました・・・。


で、実に様々な反応を頂いたのですが(笑)、

一番多かったのが「これは何なのですか?」と
         (多分コンセプトを)結構聞かれた(笑)



~~~~~~~~

あと「うさぎがおる!」とか(?? 笑)



あとね、とにかく暗闇でも「判(わか)る」事を一番に考えていて、


自分が「どう」見えてるのか、ホントそんなの二の次 三の次なので(笑)、

この後 書く言葉があるんだけど、




「何か変なモノが見える・・・」って近づいてくる方がいて、



私は もう凄い疲れ杉ちゃって”暗闇に何か(お化け?)”みたいなものが
見えるんだと思って、「お疲れで幻想(幻覚)が見えちゃいますか?」と言ったら・・・



私の目の前に来て、「変なモノが見える・・・」って言うので、それは
”私の事を指して言っていた”っていう事に初めて気が付いたのね(笑)



あと、複数の方に「えくんちょだ!」とか
「これ何ですか?」とキ〇ィちゃんに食いついてもらえて、



「これ、キティちゃんがキツネに変身してるんです!」とか
「キツネキティです!」とか、そんな感じで会話出来ました!!


もちろん、とても疲れちゃってる方とかもいらしたので、そんな時は
身振りのみで小さく応援していました。



そういえば、御岳にも「水場」みたいのがあるって聞いてたけど、
私は大会で3回通りかかったけど、ここの水場が神社の入り口部分の



「手水舎」だと初めて知りました。階段横にあります。
いつも第三関門の手前の「綾広の滝」で充分に給水を行っていた為、

ここは利用する機会が無く、どこのを指して水場と
言ってるのか全く知りませんでした(明るい時間に通ってたのに)


私が見てた限り利用する人としない人が半々くらいで、私は凍え切ってましたが、
相当暑かった方は 頭から水を被ったりする姿も見られました。
※給水する為の水は かすかにちょろちょろと流れる位の水流→これを根気よくボトルに溜める感じ


あと、「ペット用」って書かれている部分は「ペットボトル用」ではなく
一段低くなってるお水の溜まってる部分はちゃんが直接 飲む部分みたいです。
※間違って汲んでる方もいた&結構聞かれた(のでちゃんと都度答えました)


本当はあと50センチ位前の部分に立ちたいんだけど、どうしても
「結構な坂道」が始まるその部分にしか立つ事が出来ないのでこれも忍耐でした。



ここに来る直前、凄い細い坂道をランナーは下ってくるんだけど、
この場所はいきなり「どかん」と広くなる部分になってます。だから
立てる場所はいくらでもあると思うんだけど、実際立てるのは私が立ってた場所だけかな。



あと、ランナーの立場からすると、いきなり広くなり、見えづらく分かり難い部分なので、
何か灯りと矢印を付けたコーンを置くとか、道路にチューブ状の発光する
カーブ描くラインあってもいいのではないかなってちょっと思いました。

私の目の前で全然違う方向にコースアウトしそうな人がちょっといました。
真っすぐに下るお土産屋さんの道に入るのを知らない人も結構いました。
知らないんじゃないかもしれない。疲れてると判断も鈍り、迷い易い箇所かと。
※私も2006年、この場所でコースアウトしてます

さっきのコーンの話だけど矢印は左右に分かれるタイプで左「トイレ」右「コース」
ただそれだけで全然違うと思います。赤い棒の誘導&その都度の声だけでの案内では不足。
※私の場所に来てトイレの場所を聞かれた→ここランナーの辿り着いた状況への工夫が足らない

少なくとも4つの同時の案内が必要で、一つは「トイレは左」二つは「コースは右」

三つ目は「水場」(分かりづらい→神社の手を洗うあの場所とは思ってない方がたくさん)

四つ目は「コースはお土産屋さんの坂道の方角へ下っていく事


このうち、1と2はコーンに矢印と灯りと張り紙で解決できる事。トイレは
私のところに来てしまってからは、後戻りしないと無いんです。
だから誘導の方が折角いるんだから、だけどそんな全部こなせるわけないし、


工夫が必要じゃないかなって思います。ランナーって一度目の前を通り過ぎてしまうと
後ろにいるスタッフにしか確認する事が出来ず、確認できないままになってしまったり
見落としたり、疲労から「声が聞こえなかったりと」色々あると思うんです。

少なくともここでは同時に声だけで「3つ+α」も行っており、ランナーにとっては
とっても疲れている距離&時間帯でもあるので、声だけじゃ判断付かないし、
3つ4つ同時の案内なんて、一生懸命なされてるにしても伝わり辛い部分が
少なくともある事を知ってほしいと思う。もし私だったら、事前に出来る工夫は全て用意し、
誘導を任せてもらったとしたら、全時間 責任を持って立ち、応援も同時にする。

決してスタッフがどうこうって事じゃない!ただ私が見たのがここであり、
このような案内を続けるだけじゃ、ランナーに届かない部分が少なからずあるよ。


何でここまで書くのかなあ・・・


それには理由があるんだけど・・・何かまた腹立ってきた(笑)



repeww.jpg


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


こんな事が あったんです。





”心持ち” は それ で いいんです。



こんな会話があった、それもいいんです。



会話だから。そういう気持ち「分かる」から。



ハッキリした言い回しは忘れてしまったのですが、


「貴方は 監視員ですか?」(??)



もしくは「監視してるヒトー!?」かな。


私は 一瞬意味が分からなくて、でも少なくとも言われたワードとは
全然違うので「あ、違いますよー。」ってそう答えました!




ただ私は毎年「お食事処」のメニューを見る事にしていて、それはネタというより
「いいな~・・・(終わったらお腹いっぱい食べるぞ~♪)」っていう、
そんな感じで、毎年 あのサンプルのショーケースを覗くのを楽しみにしてます!


ただ、今回 私の背後にあった「とあるモノ」だけは どうもちゃんと見た事がなく、
私、意外と外に出た時に そういうアレでモノをアレする、って事がなくて(?)、

私の中では ちょっと変だけど”高級品”に分類されてて、私がそれをアレするのは
自転車で出かけた時の50回に数回あるかどうか、なんです(?)

それ位、利用しないもので、それは予め持ってたりするからなんだけど。
別の理由もあって(?)まあ、私の「用意したモノ」とか紹介したけど一貫してる


で、「監視員or監視してるー?」に話を戻すと・・・




今回 私の立ってた外灯の下には 私(笑)と、




青い自動販売機 が 立っていたのです。





あ、私 自販機でモノ 買わないのです。理由は簡単、割高だから(笑)
あと、持ってきてる っていうのも理由。

だから真夏で、かなり頑張った時のご褒美的な感じでしか絶対に買わない。






ま、思い返してみれば ソレに食いつく人はほとんどいなかったのですが、



「アナタ監視の人ー?」



これはどういう意図なのか分からないんだけど、気持ちだけなら分かるから
「ゴールしたらお腹いっぱい飲んで下さいね!」(←とは咄嗟だったから言えなかったけど)、
そういうその場が和むような笑い話 だと思うのね。ちょっと「違います!」としか
言えなかったのですが、そういう意味で私が「違います」を発したのは間違いない。


で、その次、



「(多分)ほわー!ジュース(いいな~)♪でもダメなんですよねー♪」的な
言葉を発してニコニコされながら通りかかったランナーがいらしたので、


「お気持ち分かります!!ゴールされたら飲んで下さいねーー!!」「あはは!!」
これは こうちゃんと言えた。これが多分二人くらいだと思う。


だから合計3人かな、コレに関する言葉を発した人は。



それはイイんです。私もランナーの方も「アヒャー」ってな笑顔だったから。











だけど何時頃だろう?・・・・




am04:00~04:45くらいの間だろうか、ちょっとホント分からないけど、
ランナーがちらほら でもなくて、水場とかに3~4人とか普通にいるような時間帯で、
あと 水場以外でも 広場の辺りで(坂道を見下ろすような坂道の手前でランナーが数名休憩)
そんなタイミングだったかと思う。薄っすら明るくもない真っ暗な時間。



その時間帯って、ちょっと体調を崩してる人も少しみられる時間帯で、
ま、私が「今回言ってる人」も水場で結構長居してた方で、


で、「声を出す感じの人」じゃなくて(雰囲気だけで目が合わない感じ)、
体調が悪いのかな?って感じられたのはハッキリ覚えていて、

だからそういう場合は、私も邪魔にならないように声を出さず、態度で静かに「示す」感じで。


で、水場にいる方も、坂道の手前にいた方も ぞろぞろと前に進んで行き、
誰もいなくなったタイミングだったのだろうか・・・



その方が 私の前を通り坂道を下るような雰囲気だったので、普通に「身振り」で応援。
そん時 目の合う感じでは無かった。


で、私は そのまま、細い道から降りてくるランナーに目をやっていると・・・









私の背後・・・








「シャリ、(??) ガラダシャン!!」






ぉおおおおおおい




※いや、気持ちはこう





だけど何が起こったのか有り得なさ杉て分からない、だけど本当に

背筋が凍る思いだった・・・・



いや、背筋が凍るってよりも・・・



自分の背中が汚いものにまみれたような
そんな鋭い衝撃&悲しみ、そして激しい怒りを感じた。


何だこれ、スゲー腹立つんだけど、私の背後で んな事やるなや(怒)


何で買う?何でお金持ってんの?大会中「使える」とでも思ってんの?
買って補給してもいいと思ってんの?まじお前家帰れよ(怒)





って事で、1名 自販機を利用して飲み物を買ってるやつがいました。




そういう場面に遭遇し、非常に残念な気持ちになりました。

百歩譲ってお金を持ってた事は
「(安全上?)ただ持ってるだけ」って言われればそれまでだけど、


お金を利用できる場面は ありません
お金を利用していい場合は ありません


「買って持ってて」良い訳 ありません。

「買って持ってただけ」なんて言い訳 通用しません。
(周りの目を盗んで飲める場面なんていくらでもあるから)




要は「買っただけ」で失格です。
わかってんのか?(怒)

ここで買おうと思って「お金」を持ってきたあなたは、
そういう事を考えた時点で「失格」=
精神面において「大会に出場する以前」だったのだと、思ったほうがいいです。


ああ、すげえ腹が立つ(怒)



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


で、そのランナーはその場をスグに立ち去り、



私の隣に たまたま知り合いを待ってた男性が「買っていいんですか?」と
聞いてきたので、「いや有り得ない(信じられない)」と答えました。


で、数分してからやっと通りかかった?(もしくは立ってたスタッフ)に
「こういうのがいたんだけど?」っていう話を男性が入れてました。

そのスタッフは「買ってもいいの?」との問いに
「買ったらダメ」と返答していて、要は買った時点でアウトなんです。


そんなにぬるいもんじゃないよ、買ってクチ付けなかったら良いんじゃないよ?
もうそういう事する時点でダメなんだよ


私は そういう事を背後でやられちゃった事が非常に腹立たしくて
もの凄い無言で腸を超絶えたぎらせていました


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


で、次、




明るくなりかけの時間かな、明るくなってからの事かな?


多分、2人組が やっぱり自販機で飲み物を買おうとしていて、
お金を用意してる素振りがあったので、


そこにいた「男性」かスタッフか忘れちゃったけど、多分男性が「しそうな事」を
スタッフに身振りとかで伝えたか何かで、スタッフが飛んできて、





「すみません、そこの人~!ランナーの方は買う事が出来ません!」と
ハッキリ言ってました。この言葉、本当に正しい言い回しだと思います。



言いまわしの事は一旦置いといて、



この二人組は まあ、気持ちよく撤退してるようには見えたんだけど、

「ええー、買っちゃいけないんですかー?そうなんだ~、知らなかった残念~」的な
言葉を言ってたのですが、本当はどうなんだか・・・


何か姿を見ると「汚れそうな気がした」ので
最初のやつも その二人組も 見なかった。こういう事を言わなければならない事


ただただ呆れるばかりだった


二人組は お金は入れたか入れてなかったか分からなかったけど、
選んでいる時に注意を受けているので幸い ボタンは押してなかった。



言い回しに戻ると、

「ランナーの方は 買う事は出来ません!買ったら失格になりますよ!」
そう言ってました。だから「買ったら失格」なんです!!



何で言い回しにこだわるのかというと、ここは御岳の商店街だからです。
ランナーの人が「買えないだけ」であり、その他の人は自由に買う権利があります。


だから「ゼッケンを付けたランナー」のみ 大会中 買う事は絶対に許されません。



何でコレ見る人 いないんかな・・・ こここそ「配置」いるんじゃないの?



私が今回 ここ立ってて「たまたま見ただけ」なんかな?

こんな事が毎年 少なからず起こっていたのかと思うと非常に残念極まりないです。



それを今になっても許せず、許せないくせに一言その場で言えなかった自分にも
凄く腹が立ちます。何でこんな気持ちにならないといけないの?・・・




私が書きたかった事は本当に「ハツラツとした内容」であったのに



も一度 載せます。


repeww.jpg



ちょうどこれ書いて一か月たったやっと今日、書く事が出来た。


けど 腹が立ってしかたがない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



人は皆、様々なライフスタイル、想いを持って それぞれの日々を生きている。



その中で、自分で考え、思い描き、それぞれのスタイルで
目の前の坂(困難)を乗り越え、身体を捻じらせながら、時に叫びながら


それぞれの目標に向かって、自分の実力を信じ、それを日々高め、
困難に立ち向かっていくのである。人生の時々は冒険 そして挑戦である。


オリジナルの工夫が、辛い中にも その先へと進む力を与え、
心の底から笑顔になれたり、周りの方々への感謝の気持ちが溢れ、


自然と涙がこぼれる事もあるのだろう。それが嬉し涙なのか
例え悔し涙だとしても、その物事に対して一生懸命に取り組んだ事には変わりない。




だけど、こんな事 子供でさえも 分かるであろう、





ズルしちゃいけない」 なんて事。



「あの自販機で飲み物を買うから小銭を持ってくる」







ふざけるな。








こういう話を 耳にした、というより「書いてある」のを 見た。



かなり前半の”重要チェックポイントで応援者が何等かのサポートをしていた” と。

※何等かのサポート=私が”見た”のは水の受け渡しがあった って書いてあった



こういうの、要求するやつも、要求に応えるやつも ふざけるな



私は ただ応援に立ってるだけだが、こういうのと一緒にされたらたまらない。



間違っても 万が一 
こういうのと勘違いされたら本当にたまらない。






ルールとは時代によって変遷を遂げて、その時代にあったものにどんどん
変わっていったり、追加されていく。


だけど、基本中の基本の「ルール」というより「精神」の部分における所の
「水、食料、その他 自分の必要装備品はすべて携行し、
 24時間以内にゴールを目指す」っていう部分、




それがあるからこそ、人は 本当にそれぞれに 自分の必要とする水分量を考え、
でも「持てる量」には限界があり、だからこそ、トレーニングを積んだり、



試走を重ねたりして、自分が当日 持っていくべき量を決定し、自分に必要な
自分に合うのであろう食料を決定したり、ライト類を決定したり、ウエアを新調したり、

装備がきちんと収まるようなザックを検討したり、靴を履きならしたりして
あの困難が待ち受けているのであろう山へと、この場所に戻ってくる事を信じて


スタートを切るのである。計画や工夫なくしてゴールは無いと思ったほうがいい。


皆、それが根底にあるからこそ、前後で励ましあったりしながらゴール目指して頑張れる。









だけど、




私が「アレ」を見かけた(見てないけど)の時に書いた

私の背後で んな事やるなや!!」って言葉。


レース中に そういうのを万が一 見かけたり ”持ちかけられたり”したら

きっと誰しも私のような気持ちになるのだと思う。



少なくとも 私は 嫌な気持ちになる。そんな事をされたり見たりしたら。




”状況”には私は最大全、気持ちに寄り添う事は出来るよ、
だけど”要求”には一切応じられないし しない。笑顔で「出来ない」 以上。




きっと誰かが 見ている。見ていないって思ってても「見ている。」




グレーゾーンの域を超越した
明らかにルール違反である「水の受け渡し」(飲食物全般を含む)
「小銭を用意しての自販機での飲料の購入」は 絶対にやめて欲しい


今後 そういった事が起こらないように、参加者一人一人が自覚を持つ事、
今後 そういう事を目撃して、やる気削がれたり嫌な気持ちなんかになりたくない…




ホント 勘違いなんかされたらたまらない。





アクシデントは誰にでも起こりうる事であろう、



今回、こういうのを見た。



まだ真っ暗な時刻に、ヘッドライトが消灯してるランナーがいて、
コバンザメのように前の選手にくっついて進んでる人がいた。



これはアクシデントにおける乗り越える為の対応だ。替えの電池が無いと
言っていたように記憶してるけど、あと少し耐えれば夜明けが来る。
舞台は厳しい山なんだ。だから安全面を最大限考慮しながら前に進むのを選んだ。



だけど事前にそういうインチキ極まりない段取り整えて
ズル」って子供でも分かる事は 絶対にやっちゃいけない





そう強く 私は 思います。





も一度 書くね。






そんな事して ゴールしても


何の意味 ないよ。










~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


&NEXT(??)


昔 昔 あるところに、お水かイオン飲料がもらえるという、
たいそう有難いスポットがあったそうな(?)



みんな、みんな それはそれはとても苦労を重ねてその場所へと
前へ前へと目指して歩き続け、


ある者は 4時間、そしてある者は15時間も掛けて
その夢のようなオアシスへと辿り着くのであった。


その夢のようなオアシスでは 横一列に並んだスタッフが、
その辿り着いた者への努力に敬意を表しながら、

その者が希望するドリンク提供にてんてこ舞いな状態であった。


そして”えくんちょ”という娘は、その場所で、赤い棒を振ったり、
休憩時間など要らないと、ドリンクを注ぐ役目を行っていた。





そこで、関門に入ってきた直後の一人の「おじさん(参加者)」が、
えくんちょの前に来たので 私は給水を行った。



そのおじさんの表情までは忘れてしまったけど、きっと嬉しそうに
もらった水を持って、後ろに広がっているブルーシートに消えていった。




この夢のようなオアシスは とにかくピークの時間帯が数時間続き、
それはそれはとても忙しい。だけど この場所を目指して頑張ってきた
ランナーの為に、とにかく一刻も早く、希望のドリンクを聞いて、


規定量と思われる量を入れてあげて、時にはキャップをきっちり閉めてあげる。
だいたいの方は 本当に嬉しそうな感じで、口数少ない方も時にはいらっしゃる。


そんな感じで 凄く忙しいのだけど 自分の目の前に立ってくれた方々の
表情だとか佇まいだとか ちょっと交わした会話だとかは 覚えているものである。


で、







それは突然の違和感と共に起こったんだけど・・・(?)、



私が給水を行っていた左側、多分私の左隣の一人を挟んだその隣のテーブル。


何かすげぇ違和感が・・・。



たった一人のスタッフを挟んだ位置なんだけど、近いようでスタッフ一人につき、
ドリンクがところ狭しと置いてあるので、微妙な距離感なんだよね。



その時 私は 多分 給水作業をやってて、でもその作業が一瞬途切れた時なのか
それは もう覚えてないのだけど・・・





その違和感って・・・


確かブルーか紺色のウエアを着こんだ感じの人で、





でもさ・・・・







さっき 私の目の前にたった”おじさん”と






顔面が一緒」なんだよね(爆)




でもさ、こっちも給水で忙しくしてるし、万が一「違った」ら困るし、
でも いくら服装を変えても顔面の作りと付けてるヘッドライトの感じとか
「変えようのない部分」が ほぼ一致してたんだよね・・・。




ただ”前回”の時から10分以上経ってるのと、”そんな事する?”っていう

何かもう信じられない感じとか入り交ざって、ホント 私 手を止めて
その「おじさん」の事、しばしガン見・・・




双子のおじさんだったのかな(笑)



その人は 実にヘーキな顔をしながら、給水を受けてたと思う。少し談笑しながら。



この時は100%の確証が持てなかったから言えなかったけど、
100%の違和感を感じるって、なかなかない事だと思う。






でも「言えた」かどうかは 本当に分からないな。こういうの
人一倍、いや人百倍 すんごく腹を立ててしまうから私。





ただ応援に立ってるだけでも、色々とあるし「あった」ので、
きっと”スタッフ”なんかだと、もっと色々あるんだと思う。そういうのを
私はたまたま目撃しただけなのであろうか・・・?





とにかく「スタッフを欺くような事」はやっては駄目だと思う。


誰も見てないと思ってても、私は 見ていた。その時も
「んな事 やるなや・・・」って目で 私は 見ていた。



少なくとも、私は 最初の時に ルールに則り、規定量をきっちりと
入れていた為、そういう事をされたという不信感でいっぱいになった。






というわけで、このような夜を徹して給水作業を行っているスタッフに対し、
その想いを欺くような恥ずかしい行為は 絶対にしてはならない。




少なくとも 私は・・・







見てたぞー……kpdwwe.jpg

※怒りがまた再燃し、昔話の要素が 無くなった(笑)







続く~
posted by えくんちょ at 17:15| 東京 ☁| 日記 | 更新情報をチェックする