2015年09月28日

(続)いよいよ「峠」とは

ewwepdj.jpg
払沢の滝



「峠」と書いてきたのは、大ダワの事です。ところで鋸山とはどちらにあるのかな?


は、おいといて、9時15分頃、大ダワに到着しました。


まだ服装の準備をしてなかったので、色々と持ち物の用意をしていたら、
出発が一時間後になってしまいました。予定では9時半に出ようと思ってたのに、

久しビリすぎて 10時15分になってしまいました。

でも出発~♪ 久々の山道は 木立の隙間からの木漏れ日が嬉しくて、途中 少し細くなり
でも横に木が迫ってきて それを越えたら ちょっと右側 視界が開けるんだよね。

記憶では 明るく視界が開けてる時と まだまだ暗い夜道の
どちらのイメージも頭の中に 残っており、「行程」はたくさんあれど
私は この部分が一番再び来たかった道のりだったのだと凄く感慨深かったです。

それから、思ったより道のりが長く感じ、11時35分に
激的に懐かしすぎる「トコロテン岩」に出くわしました!

何も変わってなくて 相変わらずフレッシュなトコロテン岩さん…
あなたに 会いたかったの


そして、暗いと岩にとりつくと間違えやすい岩部分も右側奥から入り、
11時45分に 一番登りたかった大岳山につきました!

以前 富士山が見えた記憶があるのですが、分かりませんでした。

今回後ろからついてくる方が 全くいなかったので 大岳山山頂は閑散としていると
思ってたのですが、既に人々が たくさんいて、昼食をとったりしていました。

とりあえず、着いた時間を記録したいから道標で写真をとって、日陰に移動して
フランスパンの手作りサンドを食べました!マーガリンとジャムを挟んできました!

12時2分に 大岳山を後にして先へと進みました。あの下り、かなり下り辛い…事を
既に私は忘れていました。岩が凄いし、足場が悪く砂地はジョリジョリしていて、
滑りはしないけど なかなか凄かったです。


そしてさらに進んで 広めの橋に出ました!写真を乗せたのは、その場所です(о´∀`о)

ちゃんとしてるのは、ザックと靴だけ(笑) 


Twitterでは「何も変わっていませんょ」とは書いたけど、
風変わりという点ではやはり「変わっている」のかも(笑)

いわゆるトレランの格好ではなく、かといって一般的な登山スタイルでもなく
山ガール でもない… 私は私の好きなスタイルでこれまでも これからも進んでいくのだという
決意の天を貫くポーズだったのです。

タイツももういらない…  要るのは心トキメクものだけ

そして さらに先へと進みました。実は名前は聞いていたのですが、
行った事がなく 場所も不確かな所があり、そこを目指しました!

続く(^-^)v
posted by えくんちょ at 19:03| 東京 ☀| 日記 | 更新情報をチェックする