2014年07月16日

生きるとは、

難しい事だ。自分の立ち位置さえ見失う程の「激動」が
足下を、この身をぐらぐらと揺らすのだ。
この間、数年に渡り 交流のあった大好きな おじいちゃんが
亡くなった… と、真夜中 緊急の、連絡を受けた時、本当に
「愛らしかった」あのおじいちゃんが…と ショックだった…

動けない私に 何が出来るのだろう?ずっと考えていた。

そういえば、私しか持っていない唯一の画像があるような
気がする…しかも仲間に囲まれて笑顔の画像が…
ここ数年、以前のようにクイックに言葉を伝えたり、
元気な姿さえ 見せられない自分…
思い出を、書くことを「あたためる」自分のやり方が、
どんどん自分を追い詰めていったような気がする…

いつか、おじいちゃんの思い出の場所に行かなくては…
自分らしい形で 何ができるだろうか…

生きるとは、

難しい。

明るく前だけを見つめ、少し妥協することを覚えなければ
もう「自分らしさ」さえ 失ってしまいそうだ。
posted by えくんちょ at 20:14| 東京 ☀| 日記 | 更新情報をチェックする