2007年02月05日

一リットノレの涙(an? 笑)

※本日は多少グロの恐れがあります(笑)

痛い。痛いょ。深夜4時。痛みで目が覚める。どこが痛いのかというと

何と眼球(笑)数日前からおかしかったのだが、鏡を見ると目の表面が
真っ赤に腫れあがり まぶたもその周辺も水分含んで原型無い。

涙が止まらない。目を普通にあけているだけで 涙がぽとぽとと
流れ落ちる。止めようと思って目をギュとつぶってみてもとまらない。
悲しくなってキタ。鼻ジンジン。痛みと悲しみの2倍の涙で顔面洪水に(爆)

実は最近2回もひっそりスキーに行ってしまったのです。しかも平日(笑)

そのバチが当たったのか2回目のスキー後から何か目が変だったのだけど
昨日から症状が出始めて 今朝からMAX(爆)

震える手で医学書を取り出し、症状からして「雪目」だと分かった!

雪目は目だけの病気かと思ったら大間違いです!
ものすごい痛みが目を中心に体全体を包みこむのです(笑)

だけど病院は10時30分からなので さきに壊れてしまった
ビデオカメラの修理に行ってしまおうと思った。

だけど外に出るのも困難だった。玄関を開けた瞬間に
太陽を直視しなくても「周囲の明るさ」だけで
「ウウォーーーーー!!」という感じで数秒ももたずに
家に戻って 押入れに眠っていたグラサンを取り出した。

ゲレンデの強い紫外線で左目が雪目HARD ver.になってしまった。

初めて何でモグラがグラサンをかけているのか理解するえくんちょ
(爆)

グラサンをかけても眩しくて でも修理にもいかないとだし
病院にいかなくてはならないので●を運転した。

ビクターについて修理窓口に行こうと思ったのだが
守衛所があるのでグラサンをしていったら「怪しい女」と間違われたら
困るので(笑)、外して●を降りた瞬間 強い日差しに

「あ”--------」(笑)

泣きながら守衛所を突破して泣きながら修理窓口で
「17日18日に使いたいんです」と泣きを入れた(説得力抜群 笑)
※おっ18日??←(笑)

※あ、何で電気屋に持ち込まないのかというと通販で買ったものなので
直接メーカーの窓口に持ち込んでるのです。

そして再びグラサンをかけて病院に向かった。

結構すいていてすぐに順番が来て嬉しかった。名前が呼ばれて先生が
「それでは顔を乗せて下さい」というのでアゴと額を密着させた。

そこで先生が「かなりすごく腫れちゃってるね~」といって
えくんちょの顔面に手を伸ばした瞬間、

先生の指から必殺ビイムが(ビイムって? 笑)

バチン!!!
dodoani7.gif

何と左目付近に静電気の洗礼(笑)

えくんちょしばし殉職(爆)
jhhu.jpg

そして先生は何事もなかったように「それじゃ目薬さします!」と
いって目薬をポタリと落とす。するとウソのように眼球の痛みが引いて、

今日病院にきて良かった~オレが求めてたのはこの目薬!と思った(笑)

そして「目薬と目に塗る軟膏をあげるから使ってみてね!」というので
「目薬は痛くなったらさせばいいですか?」と聞いたら

「いやさっきの目薬は痛み止めだけどそれはあげられない」(? 爆)
「さっきのは角膜の治りが悪くなるからね。」といって 全然別の

目薬を処方され待合室に戻った瞬間に痛み止めの効果切れた(イデデ 笑)

その眼科は何故かコンタクトレンズに力を入れていて
検査とかいって再びえくんちょを呼び出した。

そして椅子に座ってください、というので緊張した。
お約束の「景色を眺めて下さい~」というアレで

景色がボンヤリする度に体調が悪いのでムカついた(笑)

そしてさらにお約束のアレをさせられるのかとビクビクしてたけど
空気がドビュッシーの意味不明のアレは不評なのか
マシーンそのものがなかった(ヨカタ 爆)

あの空気がドビュッシーのアレって嫌じゃないですか??なんで眼科で
ブシュって眼球を打たれなくてはならないのか?(腹いせ? 笑)

だけど目の調子が悪いと全身にまですごい影響してきます。
もう頭はクラクラ・・。だけど検査の手は緩めてくれない(笑)

次に今日はどうでもいいのに視力まで測り始めた(笑)
えくんちょ やる気茄子(爆)
icon-kamen02.gif

そして検査呪縛からやっと解放されて会計に!早く帰りたい!!

なのに(笑)

「薬は院外処方になりますのでこの処方箋をもっていって下さい」

なんでここで出してくれないのか?(笑)
家の直行したいのに。意外に院外処方の薬局って知らないよ!
だけど一箇所なんとか記憶にあったので良かった。

今のえくんちょはこれ
deji3.gif

眼帯をすると完全に左目の視界がないのでかなり見づらいです。
痛みの峠は越えたもののまだすげえ痛い。当分外出もできないぽ。

今日はモグラとドラキュラの気持ちが少し理解できました(笑)
眼帯も人生初です。

当然走る事もしばらくできましぇん。。。
冷蔵庫をあけただけでも 冷蔵庫のあの庫内の明かりでも
ウォーーーーーーってなっちゃうのですから(爆)

あ~早くよくならないかな~。。。
晴れた日のゲレンデをなめてはいけない(笑)

ゴーグルすればヨカタ。。。(持ってるのにつけないえくんちょ 笑)

ってか平日にスキーにいくと必ずバチがあたるえくんちょ(哀 爆)
posted by えくんちょ at 23:44| 群馬 ☁| Comment(8) | 傑作(笑) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おぉ~~!!ぬぅあんて事でしょう!!!
目の痛みはそれはもう耐えがたいですよね。
しかも”例”の一大イベントの前だと言うのに・・・。
心からお見舞い申し上げます。
自分もコンタクトなんで、今回のえんくんちょさん程の激痛では無いにせよ、よく強風吹きすさび、グランドの砂埃渦巻く河川敷のランニングコースで悶絶してます。
急に見えなくなって何度も土手を転がったりもしてます。
早く直して、例のイベントの際はどこかでお会いしましょう。
おだいじに。
Posted by アル at 2007年02月06日 18:37
かわいそう。。。
よーし治すおまじないしましょう!

ホイミっ!

べホイミっ!

鈴木ホナミっ!

はやく治してねーー!!
Posted by 白顔 at 2007年02月07日 00:29
白顔さんに負けじと・・・。
アルなだけに・・・

ケアル!

ケラルラ!

ケアルガ!!

豚丼、旨そうです。
Posted by アル at 2007年02月07日 08:50
アルさんこんばんは~☆ご心配かけ申し訳ありません(笑)
腕とか足とか皮膚系ならその部分を押さえたり
もみもみ~とか出来るけど
眼球はなでなでもできない(爆)

強烈にカユかった経験はあるんだけど
眼球の表面自体がここまで持続的に痛むのは
人生初で本当に辛いですよ~。。。

例の「アレ」の前なんだけどタイミング的に
今経験?できてヨカッタかも。。。
もし今度の連休とかに雪目になってしまったら
まだ○京は今年初雪も降ってないのに
雪目女が駆け巡るのですから(爆)

アルさんもコンタクトなのね!便利な反面
「急」に調子が悪くなる事あるよね。
サハラ砂漠でものすげえ距離のマラソンが
あるのですがアルさん出たら多分終日悶絶かな(笑)

例のイベント、人数がすげえ!(笑)
いろんな人がいそうですよね~!
Posted by えくんちょ at 2007年02月07日 22:48
白顔さんこんばんは~!心配ありがとう御座います!
だけど何?(爆)ホイミベホイミ??(笑)

だけど惜しい(an? 笑)
「鈴ホ木ナミ」だったらお主やるな~と
都ハノレミばりにウナったと思います(爆)

有難う、治すぞーー!!
Posted by えくんちょ at 2007年02月07日 22:52
アルさんこんばんは!(二回目 笑)
毛ある?(剃り込みの事? 爆)

剃りゃ~毛あるが!!(爆)
そんな時はケラルラ~♪って
ドリカムの歌っぽい(ねえょ 笑)

ブタ丼旨そう!とは恐縮です。
アップした写真を見て

何か「マズそうだ」と本人は気にしてたのです(笑)
味は美味しかったですよ~♪味はね(笑)
Posted by えくんちょ at 2007年02月07日 22:58
ご存知の上でのコメントであれば大変恐縮なのですが、
一応解説しますと・・・・。
ホイミもケアルも有名RPGに出てくる魔法の呪文です。

白顔さんのコメントのホイミ:
ドラクエの回復系魔法の呪文です。
べホイミはホイミのパワーアップ版。

私のコメントのケアル:
ファイナルファンタジーの回復系魔法の呪文です。
ケアル>ケアルラ>ケアルガの順に強力になります。

すんません。蛇足でしたら非表示でも良いです。
Posted by アル at 2007年02月08日 18:12
アルさんこんばんは~☆(三回目 笑)
いや~私、全然知らなかったですよ!?
知らないで一生が終ってたかと思うと
教えてもらえてよかったです(何か不吉 笑)

RPG・・・これがほとんどプレイした事がなく
RPGに分類されるか不明だけど話の長めのゲームは
「オホーツクに消ゆ」ってのしかやった事がないんです。

なのでドラクエもFFもまったくやった事がなかった~。

回復系魔法の呪文←何かイイ(・∀・)b
そういえば昨日よりもさらにお目目よくなった予感!

でも何で知らないのかな~?
それはオレが女子だからからかな~?(爆)

セイントセイヤは全く見た事ないし
ガンダムは一番古いのを昔みてただけだし

でも見てなくてもネタは出来るのです(爆)
Posted by えくんちょ at 2007年02月08日 18:48
コメントを書く
コチラをクリックしてください