2012年07月22日

思い出すと、相当怖かった事が…

鮮明に思い出されて…

んと富士急ハイランドに以前行ったときは
ジェットコースターと言えばたしかフジヤマしかなかった時で、
※あ、でも戦慄迷宮はあった!(でもこれは未だ未体験なんだけど)

でもこの間、もう何年ビリに行ったら、テレビでみたような
絶叫マシンがたくさん揃っていて!!新しいのは全部乗れたんだけど
全部それぞれに 想像を超える怖さがあったの。
でも残念な事に メインともいえるフジヤマは、

強風によりお昼前から運休して、結局夜まで運休で乗れず・・・。

だから 遊園地は 雨だと ほとんどコースター類がダメになるけど、
すごく晴れてても 風が強いと運休するかもだから、
風がふきそうな日は フジヤマは難しいのできをつけて!

あと 驚いたのが もの凄い絶叫系か 
キャラクターをあしらったような子供向け乗り物に特化されてて
その中間のような乗り物が ほとんどないのです!
(老舗遊園地の昔のハヤったような乗り物が 全てない感じ!)
なので絶叫系がスキなかたは、
雨および風じゃない日を選べば、きっと楽しめます!

って事は 冬は 快晴でも風には注意ってことか!?
つか 顔面 ちぎ◎るほど 寒いかな(アヒー 笑)

まあ それはおいといて!

今 思い出すだけで 相当怖いのですが、

遊園地って メリーゴーラウンドのような屋根のついた
回転するブランコみたいの、だいたいお約束であるよね!




それがさ・・・

つか すっかり自分の頭になかったし、当時(数年前?)テレビ
あんまり見てなかったのかな、でもアトラクションで音楽を聴いたら

耳には残ってたのね。

♪「鉄骨番長~鉄骨番長~ ぐんぐんぐるぐる~ぐんぐんぐるぐる~」

って フレーズなんだけど!

でも 実際 鉄骨番長なんて 名前 忘れてたし 知らなかったし
でも 何か タワーみたいのがあって、

でも それ、お昼以降かな、やっぱり運休したのね 風で。


でもナガシマスカに乗り終わって、そして空を見上げたら
タワーが回転していて 運転再開してる事が分かったの!

んで、また 風ふいて乗れなくなったら困るから、
そのアトラクションが 近くにてあんまり動いてる姿を
ほとんど見ずに、その鉄骨番長 直下の列にならんだの。



んで40分待って(あ、この日の絶叫マシンはだいたいどれも1時間半並んだ!)、
自分の番がきて、ブランコに乗ったのね。

んで 動き出したら・・・


むちゃくちゃ高い位置まで急上昇していき・・・

むちゃくちゃ高速で 回転が始まったのね(爆)

んでむちゃくちゃ遠心力ハンパなくて斜めに傾きだしたのね。


んで なんとか頑張って 回ってる景色(自分のいる位置)をみたら、

なんと 近くのドドンパの一番高い「み~ん」ってなってる位置の
レールとおんなじ高さにいる&本当に

いままで生きてきたなかで 見た事もない景色&回転におどろいてしまい、

恐怖で

パニックに(爆)

私、絶叫マシンとか 大好きなんだけど、
結局 怖くて 乗ってて楽しかったは楽しかったのだけど

すっごい怖くて、我慢できない落下とか もうダメで、


でも 鉄骨番長は 本当に別格で

大丈夫、楽しめる~と思ったハズの乗り物で、

すっごい高さ&斜め状態からから 高速回転で繰り出される
経験したことのない 相当の高さからの景色に

完全に驚いて パニックに陥り、


もうダメかと思ったし、


楽しめなかった・・・・(爆)

いや、今度 行ったら それでも「マシン」好きだから乗る気はあるんだけど、
楽しめるかは・・・自信ない(爆)

んと、帰って いっぱいいっぱい「あれはなんだったんだ!?」と
あの想像を絶する恐怖体験を振り返っていたんだけど、

鉄骨番長って何!?って 誰かに聞かれたら・・・


「あ、あれだよ!まるでアレ!!(?)

 アルプスの少女ハイジが乗ってる

 どこからワイヤーが垂れ下がってるのか分からない

 あの巨大ブランコみたいなイキフンかな!!」(? 爆)

「つか、ハイジ あんな絶叫ブランコ乗りながら 安全ベルトも無しで
 めっちゃ笑顔なんだから、ハイジってマジすげぇとおもう!」

って 説明したいと思います(爆)


高いとこが苦手な人には オススメできないです・・・
グルグル回る景色、他の巨大アトラクションのレールと
大差ない高さで傾斜する恐怖は 本当にハンパなかったです。

でも、また乗りたいな♪

楽しいね、大好き、遊園地!!


がっ(笑)

そのあと、〆に これまた ほとんど動いてるとこみないで

「トンデミーナ」に乗ってしまいました。


恐怖でパニック&気分が悪くなり、

大変ですた(アヒー 爆)

でも ソフトクリームの雲が 見れたから(*^^*)
posted by えくんちょ at 12:38| 群馬 ☔| 日記 | 更新情報をチェックする