2006年11月19日

ケンタッキーフライドチキン入門

presented by kitarita(笑)

北リタは、ケンタでは必ず部位指定で買います。
何故なら、家族から部位指定で頼まれるので、
※オレには味の違いは全然分からないが。。。
適当に買ってくるとられます。(家庭内暴力? 爆)

部位指定で文句を言う店員がいたら必ず店長を呼び出します。
北リタは人とのコミュニケーションを大切にします。(笑)そして、

「あなたも店の事を考えてバランス好く組み合わせてんだから、
客の言い分聞いてよ、嫌いな物無理して食べたらお互いが不幸だよね」
と言うと必ず納得してくれます。間違えても、

「うちの子供はキールアレルギーだとか、
うちの婆さんはドラム恐怖症」だとか言うと
店長につまみ出されます。(爆)

<ケンタの部位について>
ケンタッキー・フライドチキンは1羽から9ピース取れます。
手羽×2(=ウイング、正確には手羽元?)、
あばら×2(=リブ、キールの両側の部位)、
腰×2(=サイ、そう黒いレバのような物がつている)、
脚×2(=ドラム、1番ケンタらしい姿、ケンタ入門者者向け?)、
胸×1(=キール、貴重な白い軟骨が付いてきます)。
あわせ全部買うと、なんと1720円!。消費税込み(笑)

<ケンタは高いか安いか>
皆さん、近所の’肉のハナマサ’に行ってみましょう。
’ブラジリアン・グリラー’という、ホール・チキン
(ホール=まるまる一羽という意味)が約400円で売っています。

胃腸も強いし、北リタは安物が好きです。(笑)
これを買ってきて、塩こしょうのみで味付けし、
ダッチ・オーブンで中火で40分間グリル。(2個の場合60分)
これで、ケンタ9ピース(ケンタより小振りだが)
+ 端肉大量(これが美味い、爆)ができます。

どうですか、原価400円!

ダッチ・オーブンを100回使用で減価償却するとして、
一回あたり165円(北リタのダッチオーブンは高価、笑)

それでも、合計565円。

どうですお客さん(えくんちょのフレーズが伝染った、爆)、
それでもケンタに行きますか?オレは行くが、、、(爆)

<軟骨は貴重品>
やきとり屋(やきとん屋ではありません)で軟骨を頼むと、
1串に3個から5個の軟骨がついてきます。
これを作るのに、キールが3個から5個必要だと言うことです。

ケンタでもキール5個のみは確実に断られます。
やきとり屋では軟骨は大切に食べましょう。(笑)
小さなやきとり屋で軟骨を大量に頼むと、

「お客さん、勘弁してよ、ちょっとは店のことも考えてくれヨーーう」、
ってカウンター越しにオヤジに怒られます。
10年前、神田のやきとり屋での実話でした。(爆)

<結論>
ケンタでの部位指定は当然の権利。
やきとり屋での軟骨の大量注文は犯罪です。  記事by北リタ記者
posted by えくんちょ at 13:57| 群馬 ☀| Comment(1) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
リタさんこんばんは~!(笑) ※リタさんはブログ音痴で
未だにコメントの投稿の仕方を知らずメールで投稿(笑)

必ず部位指定!とは頼もしい!!
私の場合は「サイ」が大好きなのです♪

味の違いというより肉の質感かな(マニアック 笑)
サイは全部ツルツルのいわゆるスーパーの「モモ肉」なんだけど
ウイングの塊の所とかキール(胸)パサパサする・・・。
多分「あばら」が胸肉と「モモ系」の境目か。

スーパーの胸肉は安いけどパサパサするので
あまり買わないしササミもここ数年買った記憶ないな~。

「お互いが不幸」実は不幸なのは
普通に買っていくだけで殴られるリタさんのみ(DVフォー 爆)

と、結構マニアックに部位指定してくる(赤字の元 笑)、
客が来てしまった時間帯のアルバイトさん(対応に苦慮 笑)

白い軟骨は胸なんだー!知らなかった!
だけどあの軟骨は一回も食べた事ないな~。
サイのレバー周囲のクルンってなってる小さな骨は食べちゃうけど~!

北丹沢で作ってたのは肉のハナマサのだったのかな?
ガス代?は(笑)お料理は上手だったー!
えくんちょ、残念ながらお料理の才能が・・・(あひ~ 笑) だけど
これでも昔はお菓子作りに没頭する乙女時代もあった(終了 爆)

軟骨っていくらでもあるものだと思ってたけど
鳥一羽から取れる数はとても少ないのですね!
今度軟骨を頼んだ時は噛み締めて食べようと思います(笑)

焼き鳥食べたい~♪そろそろ12月やん!
忘年会シーズン突入!
お約束のつくね&黄身と◎様がいれば完璧!(来ねえょ 笑)

じゃ◎様とプレゼント交換(無理だよ 笑)
Posted by えくんちょ at 2006年11月21日 20:36
コメントを書く
コチラをクリックしてください