2018年10月28日

これはどうなったのだろう?~終着~『その後のストーリー』

ewweowe.jpg


って これを書いたのは 水曜日(日付変わって木曜深夜)なんだけど(;^ω^)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

最近「色々」あって、主人がね、結構嬉しい提案をしてくれたんです!


その一つが「早く帰宅できる日を作る!」って事で、

主人、普段もそうなんだけど、先月9月は会社の決算の月で
本当に忙しくって、深夜近くにやっと帰宅な事も多くって、

で、朝は いつもそうなんだけど すっごく早くって、
二人とも、というか 私が結構ヘトヘトな感じになってしまって(;´Д`)


で、10月に入ってからも もの凄く忙しくって、
ご飯を作っても「キャンセル」になってしまう事が多く、

あんまり作って置いとけるメニューっていうのも
私の実力だと 限られてきちゃうし、作り甲斐も無くって、


何だか よくわからなくなって、で この間の土曜日、日曜日、


とくに「日曜日」が すんごい天気良くて無風で晴れたじゃないですか!!


だけど、結局は 主人は 朝から午前、そして昼 午後と
ポヤポヤしてる感じで 気が付けば寝てばかり・・・。



こんなのが続いちゃって、で、週末 なかなか晴れる事もなくって、
だから この間の日曜日は 色々と二人で楽しめたらな!って

思ってて。



だけど 何にも出来ないまま 


日が暮れて。




ドッカーン💣💥ext_pen10.gif💦        
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




なので、仕事の仕方を変えて「(強制的に)早く帰れる日」を
作ってくれると約束してくれたのです!


一緒にテレビも見たいけれど、早く帰れる日は
帰宅したらご飯を食べて、ゆっくりして11時半には就寝~♪


もう いつもだったら深夜1時近くまで リビングでボヤボヤ
してる感じで、朝は5時台には起きなくちゃで もうヘトヘトだったんです。





で、これを書いた日は 最初から「今日は大阪からお客さん来て遅くなる」と
言ってくれてた日で、食事もキャンセルでとお願いされてたしで、


私は 独りでご飯を済ませて、たまっちゃった録画を消化しながら
主人の帰宅を ただただ待ってる日だったのね。



で、


0時頃にやっと連絡があって、「今 〇〇にいて、バスに乗るから~」って。


有難い事に 何故か毎日 深夜近くも深夜もバスが走ってる路線で!
※グーグルマップだと「自宅までの」単純な検索では出ません。
 その「駅」を経由させると出ます。で 料金は深夜割増

で、「0時30分頃」家に着きます~!って連絡が!!



で、いつもやっぱり忙しくて、この日も普段もそうなんだけど
2~30分位しか 顔を合わせられないので、


この日も(いつもだけど)、そうだったから、日付変わっちゃってたけど


少しでも早く会いたいな!」って 思ったのです



で、0時30分に「家」なんだから、その5分前位には

バス停なのかな!?って感じで、私は 結婚して2年になりますが、


本当に初めて、そのバス停まで、
主人を出迎える為に 真っ暗な中 歩いていったのです!


まさか外に出ると思わなかったので、すっげぇ薄い半そでの しかも丈の短い
ワンピースを着てた ので(笑)、薄手の緑の羽織るモノを着て(;^ω^)


もう この時期 夜になると 結構寒いのね。



でも「主人に会える!」ってワクワクしてたし、

バス停で「ひょっこり」したら 「主人」すげぇビックリして
くれるだろうな~!なんて そんな事 想像して(仕掛け人的ワクワク笑)


~~~~~~~~~~~~~~



で、3分弱歩いて、最寄りのバス停に到着。

そのバス停は 白くぼんやりと 発光していた。



でも隠れる場所はナイようなので、シンプルにそのまんま立つ事にした(笑)



で、時刻表を見ると、かなり遅くまで走ってる路線で、

でも 連絡があった時間を考えると、あとほんとうに2~3分でバスが来るはず!!



で、時刻表をさらにのぞき込んでると、




ブーーーン、って音が響いてきて、背後から光が射してきた。





「あ、バスかもしれない!!」





そこで、【今からバスに乗る人だと思われちゃマズい!】と思って、

一瞬 さらに背を向けながら、乗車位置ではなく降車位置の
後ろのドア付近に 後ずさりしながら立った。




で、ドアがプシュー。






バスの内部は白く明るいけど、降りてくる人物は逆光で
真っ黒くみえるだけ。







で、二人 ドアのステップを降りて道路に出てきた。


二人しかいないけれど 間違いなくどちらかの一人が主人なので、
最初の方に目をやるなり、「違う!!!!!」




なので、もう一人が「当然」主人なので、近づこうとしたその瞬間








どちらも主人じゃない!?」(爆)





さすがに、どちらの方も 主人とは(一瞬でサイズ感が)違い、
寄り添ってしまう事は無かったのだけど、



「(じゃ)これに乗ってない?(これじゃない)」



って思ったのだけど、






二人男性が降りたその開いたドアから車内が見えて
その瞬間、




主人が、右側の小さな座席に 身体を折り曲げて「💤」(笑)





普段 主人は 電車でもバスでも絶対に「座る」なんて事がないので
座ってる姿は初めて見た。


もう私のクチは「あ”」となっているのだけど、


まだ車内には普通に乗ってる方もいらっしゃるし、


起きてぇーー!💥」なんて言えるハズもない(笑)



※ここまで色々書いたけど、男性2人が降車してから僅か3秒ほどの描写である(笑)







で、プシューーーーー💨








jpp@.pngあ”(爆)
















🚌オオオオオーン💨






・・・・・






pdopero00003.jpg      







           ・・・・・・




   

                            pdopero00002.jpg















チュクチュチューン🎵
















IWQQWQW.jpghoiihu.pngアヒー(爆)











ここで降りるハズだった、今 まさに
会えるハズだった主人を乗せて私の目の前を走り出すバス!!!




バスの背後が見えて「(行先)〇×△駅行











あ”













hoiihu.pngオワター💧💧💧💧(アヒー💦 笑)






だけど、次の瞬間 バスに向かって猛ダッシュするえくんちょ(笑)







だけど




ブロロローン💨💨💨💨(当たり前 笑)









でも、どうしても「会いたい」し、何とかしなくてはならないっと、
そのバスが直進していくも、えくんちょは右の路地に飛び込んだ!








(きっと終点で気が付いて絶対に途方に暮れるハズ)














表示の駅まで行かなくちゃ!!!










えくんちょは、深夜なのにものすげぇ息を切らして自宅に戻り、
カギと免許証を持って〇に乗り込む!!






ブウォウォウォウォーン💨💨💨💨





家から出てすぐの交差点自体、直進するか右折するか、すっごく迷った。



ありとあらゆる可能性を考えて、スグに大きな通りに出る事ができる
「直進」を選んだ。





で、直進して右折した瞬間に「夜間工事」が行われている事が分かった。







(あっちから出ればよかったかなあ・・)





そう思ったけど、もう遅くって 片側交互通行なので、
整理員の指示に従って停止。






でも夜間なので大きな通りではあるけど、対向車がいなくて
スグに「GO!」と指示が出た。






(バスは絶対に左折する!)













それは絶対に分かり切った事だった。














で、GO!の指示が出たので、反対車線にハミ出しながら走行していると・・・










(道路の右側の歩道) 何か男の人が歩いている・・・





見た事あるバッグを肩から下げている・・!?







あ、









主人だ!!!!erjuferio.gif(笑)











で、フロントガラス越しに必死にえくんちょアピール!!!!




顔面が右手が、 
まるでEJWPEE.jpgになったかのようなカロリーの無駄使い(笑)









で 主人も気が付いてくれた!!






んだけど、






工事中で片側交互通行の為








「停まれず・・・」







今度は「私が車内」で  主人が・・・・









チュクチュチューン🎶



























rhoewew.jpg今宵2回目jefporfwe.jpgアヒー 笑)



もう、主人が右隣にいるのに、今度は互いが「確かめあってる(爆)」のに
えくんちょ、その道を直進するしかなく(笑)、





結構直進してから、何とか右折できる場所を見つけて
路地裏の道に入った。








だけど、今度は 主人が その大きな通りを歩いて戻るのか、

それでもどこかで路地に入るのかが不明な為、


「考えろー!えくんちょ考えろーーー!!」って感じで

「ここを通るのではないか?」っていう別の路地に進み、



そこでやっと、主人の影を見つけ、ブロロロロ💨



(左ドア)パカッ💨





チュクチュチューン🎵







EWOWOE.jpg回目 笑)




で、やっと会えた主人を左隣に乗せて、








ブロロロロ









パカッ(?)











深夜に主人とたった140mドライブ(爆)

















でも





                ヨカタ・・・
















これ、もし 家で ただ待っていたとしたら、




主人は ただ単に一つのバス停を寝過ごし、でも奇跡的に目が覚め、

次のバス停で降りただけなので、







きっと3分ほど遅れて家に戻ってきた、







それだけの話だった。








だけど








少しでも早く会いたい」 そう思わなければ











きっと










ここに書いた全ての事は・・・












何もなかった・・・・WWJO.jpg












     🏠スポン💨

























WQWQJPW.jpgチュクチュチューン














                


posted by えくんちょ at 14:48| 東京 ☁| 日記 | 更新情報をチェックする